ツーショットダイヤルでは信用されれば現実の出会いの可能性もある!

「ツーショットダイヤル」とは、音声を利用してコミュニケーションを取るのが目的のウェブサービスの一つです。

分かりにくいなら「文字」が「出会い系サイト」で、「音声版」が「ツーショットダイヤル」と覚えても間違いではありません。

「ツーショットダイヤル」は一時期は利用者が少なかったのですが、昨今は再び流行している様です。「火付け役」となったのは主に「出会い系サイトにガッカリした人たち」とされています。

しかし、それが本当かは分かりません。個人的な意見を書くなら、それも理由の一つだと思っています。それほど、最近の「出会い系サイト」は、出会いが無い状態が多いのです。

「ツーショットダイヤル」を利用する料金に関しては「出会い系サイト」と同じ様なシステムとなっています。利用者になる男性は有料で、話し相手となる「テレフォンオペレーター(従業員)」の女性は無料となっています。

違う点を挙げるなら、料金が必要になるタイミングです。「出会い系サイト」ではメールや他の手段を使う際に利用料金が必要です。

一方で「ツーショットダイヤル」はオペレーターである女性と接続中は常に料金が発生しています。この接続中の会話内容は料金に関係ありません。お互いに無言でも、料金は常に発生します。

なので、利用する際は注意してください。ただ、言いかえれば好きな会話ができます。自分の好みのアダルトな会話でも、暇つぶしの世間話でも構いません。

そんなサービスですが、話し相手になってくれる女性は男性と実際に会いたいと思う人は少ないそうです。それでも、これは「建前」だという意見もあります。

なぜなら、オペレーターの女性陣は「信用できそうなら会っても良い」と思っている人もいるそうです。そんな女性と出会うべく、まずは信用を得る為に自分の時間を投資するのも良いでしょう。

ただし、その場合は常に「紳士」で居続ける事が必要です。男性が女性から信用を得るなら、誠実な「紳士」ほど適した存在も居ないでしょう。

■「ツーショットダイヤル」の女性達は男性からの「誘い」を待っている事もあります

「ツーショットダイヤル」で相手をしてくれる「テレフォンオペレーター(従業員)」の女性は、自分の楽しみを満たすために行っている人もいます。

例外はあるでしょうが、オペレーターをしている女性の多くは、男性が良い人なら実際に会いたい、もっと進んだ関係になりたいと思っているそうです。

そう書いても、実際に会える機会は少ないですし、簡単ではありません。会いたいなら「ツーショットダイヤル」を定期的に使ったり、相手に信用してもらい、相手に心を開いてもらう必要があります。

そんな時は相手の相談や愚痴を親身になって聞いてあげる「受け身」の交流をするのは最も一般的です。しかし、もっと短期間で確実に相手との距離を詰めたいなら、私は「疑似恋愛」が効果的だと思います。

この「疑似恋愛」の良い点は、なにかのきっかけで出会った相手を「依存状態」に出来る点です。ちょっと危ないと思うでしょうが、自分に依存させれば、自然と実際に会う関係になり、更に進んだ関係になる事もあります。

専門のサイトを使えば、電話する前に相手の顔を見る事も出来ます。声で好きになっても、実際に会う時は相手の見た目を気にする人も多いでしょう。

なので、焦らず、腰を据えて自分の好みに合った女性を探してください。当然ですが、女性に出会う手段は「ツーショットダイヤル」だけとは限りません。

街中で声をかけても良いですし、今までの「出会い系サイト」でも機会はあります。ただ、この二つの手段はコミュニケーション能力と話術が高くないと会える可能性は低いです。

この能力が高くないと、出会えないともいえます。それに対し「ツーショットダイヤル」は、あまりコミュニケーションや話術が得意でなくとも問題ありません。相手と継続的に交流できれば、自然の流れで距離が縮まる事も出会う可能性も高くなります。